世界最古級のコーランか 英大学のコレクション

写本に書かれた文言は現代のコーランに非常に近いという

写本に書かれた文言は現代のコーランに非常に近いという

写本はコーランの18〜20章とみられ、動物の皮にインクで書かれている。書体は「ヒジャジ」と呼ばれるタイプの初期のものが用いられている。

バーミンガム大学のデービッド・トーマス教授(キリスト教・イスラム教学)によれば、書かれている文言は現代のコーランに非常に似ているという。

同教授は「現代のコーランは、イスラム教の初期に編さんされた当時のコーランと非常に近いという見方を裏付けるものだ」と説明する。

イスラム教の伝承によれば、預言者ムハンマドがのちにコーランの中身となる啓示を神から受けたのは610〜632年にかけてのことだ。

「当時、神の言葉は現在のような本の形にまとめられたのではなく、『人々の記憶』という形で保存された。羊皮紙や石、ヤシの葉、ラクダの肩甲骨に書き残されたものもあった」とトーマス教授らは言う。

神の啓示を本の形にまとめるよう命じたのは、ムハンマドの死後、イスラム教社会の指導者となった初代カリフのアブー・バクルで、完成したのは650年ごろだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]