世界最古か、330万年前の石器を発掘 ケニア

(CNN) ケニア北西部で人類の祖先が作った世界最古とみられる石器が発掘された。科学誌ネイチャーに発表された論文によれば約330万年前のもので、これまで最も古いとされてきた石器より70万年もさかのぼる。

論文の共著者であるストーニー・ブルック大学のジェーソン・ルイス助教授はCNNに対し、「考古学的記録(が残る時代)をほぼ3分の1も拡大した。1900年代の初めに携帯電話が見つかるようなものだ」と語った。

これまで現生人類と同じホモ属が作った最古の石器とされていたのはエチオピアで発掘された260万年前のものだった。

今回発掘された石器は、280万年前に出現したとされる最古の人類よりも大きく時代をさかのぼる。

これには2つの可能性が考えられる。

1つ目は、この時期の化石人骨として発見された「ルーシー」のような猿人が作った可能性だ。事実であれば、洗練された道具を作る能力があったのはヒト属だけではないということになる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]