不明の猫を7年ぶり発見、新旧飼い主で所有権争い 米

1匹の猫を巡って法廷で争いが続く=テレス・ウェゾレックさん

1匹の猫を巡って法廷で争いが続く=テレス・ウェゾレックさん

(CNN) 米カリフォルニア州で1匹の白黒猫を巡って2人の女性が所有権を争っている。一方の女性はこのオス猫を「ワイリー」と命名。もう1人は「デービッド」と呼び、互いに正当な飼い主は自分だと主張して一歩も譲る構えはない。

争いは同州ソノマ郡の裁判所に持ち込まれ、裁判官は公平を期すためにこの猫を「DW」と呼ぶことにした。この裁判は、保護された動物の里親探しを巡る深刻な問題も露呈している。

デービッドの飼い主のティファニー・メスタスさんは、子猫だったDWを2005年に引き取り、哺乳瓶でミルクを飲ませて育ててきた。ところが07年に引っ越した際に逃げ出して行方が分からなくなり、あちこちに張り紙を出して1000ドルの賞金をかけるなどして必死に探したが、見つけることができなかったという。

しかし2014年になってマイクロチップ会社から連絡があり、マステスさんの猫の登録情報を変更しようとしている人物がいると知らされた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]