ベーコンの味がする海藻 米研究者らが開発

2015.07.22 Wed posted at 15:04 JST

[PR]

(CNN) おいしいけど太るから食べられない――そんな悩みを解消する「ベーコン味の海藻」を、米オレゴン州立大学の研究チームがこのほど開発し、特許を取得した。

この海藻は、紅藻の一種「ダルス」の新たな品種として同大学の海洋科学センターのチームが開発した。

同州の最大都市ポートランドにあるレストランや大学付属の食物研究所が、この品種を使ったさまざまな料理を試す中で、焼くとベーコン味になることが分かった。

チームを率いるクリス・ラングドン氏は学内新聞とのインタビューで「フライパンで焼くと海藻ではなく、ベーコンの味がする。かなり強い風味だ」と語った。

ダルスにはもともとミネラルやビタミン、抗酸化物質、タンパク質などが豊富に含まれている。研究者の1人によれば、健康に良いとされる野菜「ケール」の2倍の栄養価を持つ「スーパーフード」だという。

食事制限や宗教上の理由で肉を食べない人がベーコンの代わりに食べるのに最適だと、ラングドン氏は話す。チームには菜食主義の人々からも問い合わせがあったという。

短期間で栽培できるのも長所のひとつだ。ある程度の日照と海水があれば場所も問わない。

ラングドン氏によれば、ダルスのような海藻の栽培は赤潮などの原因となる富栄養化を防ぎ、二酸化炭素を吸収するなど、環境にも良い効果があるという。

メールマガジン

[PR]