「アルマジロに注意」 ハンセン病急増で当局が呼びかけ 米

ハンセン病の症例増加で、アルマジロに接触しないよう当局が呼びかけ

ハンセン病の症例増加で、アルマジロに接触しないよう当局が呼びかけ

(CNN) 米フロリダ州でハンセン病の感染者が例年に比べて急増している。専門家は野生のアルマジロが原因と見て、住民に注意を呼びかけた。

フロリダ州衛生局によれば、州内のハンセン病の症例は例年なら年間2~12例程度。ところが今年は既に9例が確認されているという。直近では3週間前に1人がハンセン病と診断された。

アルマジロは甲羅に覆われた夜行性の哺乳類で、ハンセン病を媒介することが分かっている。米疾病対策センター(CDC)は、アルマジロとの接触によってハンセン病に感染する可能性はあるももの、極めてまれだと説明している。

ハンセン病は皮膚や神経の障害を引き起こす疾患で、米国での症例数は年間平均50~100例程度。咳やくしゃみを通じて感染するが、ヒトの95%は免疫があるという。感染しても速やかに治療を受ければ回復するが、放置すれば死に至ることもある。

フロリダ州では新しい宅地開発によって生息地を破壊されたアルマジロが日中も出没するようになり、人間との接触が増えているという。

繁殖期を迎えた現在は、子連れのアルマジロを見かけることも珍しくない。専門家はアルマジロに触らないよう住民などに呼びかけてている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]