海岸が真っ赤に、甲殻類が埋め尽くす 米サンディエゴ

海岸が赤い生物でおおわれた=ジム・グラント氏

海岸が赤い生物でおおわれた=ジム・グラント氏

(CNN) 米カリフォルニア州サンディエゴの海岸に赤い甲殻類の大群が現れ、地元住民の視線を集めている。

地元メディアによると、現れたのは「コシオリエビ」の一種で、同市のオーシャンビーチからラホヤの海岸地帯にかけて2週間ほど前から見られるという。CNNの読者リポーター、ジム・グラント氏は「見渡す限り砂浜が赤で染まっている」と海岸の様子を描写した。

カリフォルニア大学サンディエゴ校のスクリップス海洋研究所のリンジー・サラ氏によると、この生物は通常メキシコ北西部ババ・カリフォルニア州やカリフォルニア湾付近に生息しているが、暖流の影響でサンディエゴまでやって来たという。

幼生期から成体になるまで水中で過ごすのが特徴で、海流などで流されやすいという。

料理するために家に持って帰る人もいるが、知られていない毒素を含んでいる可能性もあることから、専門家は食べないよう注意を呼びかけている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]