体長5メートルのリュウグウノツカイ、浜に打ち上げ 米

体長5メートルのリュウグウノツカイ、浜に打ち上げ

ロサンゼルス(CNN) 米カリフォルニア州ロサンゼルス沖にあるカタリナ島で4日までに、深海魚リュウグウノツカイの死骸が打ち上げられているのが見つかった。

島の住民、アニー・マコーレーさんは今週、自然体験教室に参加する子どもたちを連れて海岸に出てきたところ、死骸に遭遇した。体長は4~5メートルもあったという。

マコーレーさんはカタリナ島に住んで20年だが、リュウグウノツカイを見るのは初めてだ。「海洋科学の教育者としての25年のキャリアのなかで忘れられない体験となった」とマコーレーさんは言う。「硬骨魚のなかで最長の種類をこの目で見て、触れられるなんてすばらしい」

マコーレーさんが見たときには、尾は他の生き物に食べられたかのように傷つき、目は鳥につつかれていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]