携帯禁止で成績向上、週1時間の勉強時間追加に相当 英研究

携帯電話の使用を学校が禁止すると成績の向上につながるとの研究結果が示された

携帯電話の使用を学校が禁止すると成績の向上につながるとの研究結果が示された

ロンドン(CNNMoney) 学校が携帯電話の使用を禁止すると、生徒の成績が大幅に向上するとの研究結果を、ロンドン大学経済政治学院(LSE)の研究チームがこのほど発表した。

チームでは、2001年以降、英国内91の学校の携帯電話に関する規則の変更を調査し、生徒たちが16歳の時に受ける全国学力試験の結果との相関関係を調べた。調査対象の生徒は13万人に上った。

その結果、校内で携帯電話を使うことを禁止した学校では、試験の平均スコアが6.4%上がったことが分かった。特に成績不振の生徒では、スコアが14%も伸びていた。

これは「授業時間を週に1時間追加する」あるいは「年間授業日数を5日増やす」といった措置と同等の効果に当たるという。

研究者らは「成績が振るわない生徒は携帯電話に気を取られ、影響を受けやすいようだ」と指摘。「携帯端末などの技術が成績向上に役立つ可能性を否定するわけではないが、誘惑が大きいのは確かだ」と述べた。

米ニューヨーク市は今年3月、公立学校で携帯電話の使用を禁止していた法律を撤廃し、各学校に判断を委ねる方針に転換した。研究チームはこれについて「学校間の学力格差を広げる結果になるかもしれない」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]