ノルウェーの「芸術的」な新紙幣、17年から利用開始

新紙幣の裏面のデザイン=ノルウェー中央銀行提供

新紙幣の裏面のデザイン=ノルウェー中央銀行提供

ニューヨーク(CNNMoney) 北欧ノルウェー政府は12日までに、2017年から新たに使用する同国通貨クローネの紙幣のデザインを公表した。

「海」をテーマに今春、デザインを募っていたもので、100クローネ紙幣では赤、オレンジや黄色を大胆な構図に彩色した斬新な作品などが採用された。同国の過去と現代を調和させたデザインを重視したとしている。

100クローネ紙幣の表面を飾るのは「バイキング」の船。裏面には、赤など3色を使って同国の風景を象徴させたとする抽象画風の作品が採用された。「波及効果」と称するこの3色の奇抜な図柄を発案した地元のデザイナーは、今回のコンテストの優勝者に選ばれた。

同国の中央銀行は声明で、優勝の作品についてテーマの海を十分な芸術性を帯びた意外な方法で表現したと称賛した。新紙幣にはまた、他のデザイナーが提案した2点も採用される

ノルウェーは、1999年に誕生した欧州単一通貨ユーロを導入していない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]