英国にポリマー紙幣が登場 偽造しにくく、耐久性も向上

16年からポリマー紙幣が登場 英

(CNN) 薄汚れてしわくちゃになった紙幣はもうなくなる――イングランド銀行(英国中央銀行)がそんな見通しを発表している。

イングランド銀行の計画では、現行紙幣に代えて2016年から、合成樹脂のポリマーを素材とする新紙幣を導入することが決まっている。

16年にまずチャーチル元首相の肖像を印刷した5ポンドのポリマー紙幣を導入、続いて17年には小説家ジェーン・オースティンの肖像を描いた10ポンドのポリマー紙幣を発行する予定だ。

切り替えの背景には、ポリマー製の方が耐久性に富み、偽造しにくく、長い目でみると安上がりだという事情がある。同様の理由で、オーストラリアやカナダでは既に、ポリマー紙幣が採用されている。

英国における紙幣流通の歴史は古く、300年以上の伝統がある。そんな中、最新のテクノロジー導入に踏み切った理由として、イングランド銀行の出納部門の責任者であるビクトリア・クリーランド氏は、まず偽造紙幣対策を挙げる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]