巨大小惑星が地球近く通過していた NASA閉鎖中

巨大小惑星が地球近くを通過

(CNN) 先月、直径約400メートルの巨大な小惑星が地球の近くを通過していたことが明らかになった。

この小惑星は、10月8日にウクライナ人の天文学者らが発見し、「2013 TV135」と名付けた。当時、米国では政府機関の一部が閉鎖されている最中で、米航空宇宙局(NASA)も閉鎖されていた。

2013 TV135は直径が約400メートルあり、フットボール競技場4個分の大きさだ。9月16日に地球の近くを通過したが、地球との距離は約676万キロもあり、地球と月の距離の15倍以上も離れていた。

この小惑星は、向こう20年以内に地球に衝突する恐れがあるとして、17日にマスコミが大きく取り上げた。実際に衝突すれば、その衝撃力は原爆数千発分に相当する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]