サメに襲われた件数増加、それでも飼い犬より安全?

(CNN) 米フロリダ大学によれば、2012年はサメに襲われた人が前年より増加した。しかし統計的には、この数字はあまり意味がない。

サメに襲われたというニュースは大きな注目を集める。だが実際には、遊泳中にサメに襲われる確率は小さく、近所の飼い犬の方が危険かもしれない。

フロリダ大学によると、12年は世界で7人がサメに襲われて死亡した。だが、同州自然史博物館の専門家ジョージ・バージェス氏は、人類全体が年間に水中で過ごす膨大な時間を考えれば、「サメの襲撃は極めてまれな現象だ」と解説する。

12年の統計によると、サメの方から人間を襲ってきた件数は、世界で80件だった。前年に比べると微増。米国では53件と2000年以降で最多だった。

米国の53件の内訳は、フロリダ州が26件と最も多く、次いでハワイの10件、カリフォルニアとサウスカロライナの両州がそれぞれ5件、ノースカロライナ州が2件、ジョージア、マサチューセッツ、ニューヨーク、オレゴンの各州とプエルトリコが各1件だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]