世界最大級のワニ死ぬ フィリピン

世界最大6.4メートルの巨大ワニを生け捕り

(CNN) 生け捕りされたワニとしては世界最大とギネス記録に認定されていたフィリピンの「ロロン」が、10日夜までに死んだことが分かった。

ロロンは体長6メートル余り、体重1075キロ。2011年9月に同国南部ミンダナオ島で捕獲され、同島ダバオのワニ園で人気者になっていた。

当局が死因を調べている。地元メディアによると、最近、腹の右側が膨らんでいることに世話係が気付いていたという。

同国のパヘ環境天然資源相は「わが国のワニ保護事業にとって大きな損失だ」と述べ、はく製としてその姿を保存する方針を示した。インターネット上でも死を悼む言葉が飛び交った。

ミンダナオ島では09年に少女がワニに襲われて死亡。さらに近くの村の漁師が行方不明となり、家畜への被害も相次いだことから、ワニ捕獲作戦が展開された。生け捕りした巨大ワニが「犯人」だったかどうかは確認できず、作戦途中で病死したメンバーの名を取って「ロロン」と名付けられていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]