サメに襲われた件数増加、それでも飼い犬より安全?

米国以外では、豪州西オーストラリア州(12年に5件)とインド洋の仏領レユニオン島(同3件)で、例年複数の人が襲われている。南アフリカでは昨年、サメに襲われた4人のうち3人が死亡した。

サメに襲われたのは60%がサーファーで、残りは遊泳中の人やスキューバ・ダイビングをしていた人が30%を占めた。

一方、フロリダ州自然史博物館によると、米国で01~10年に犬にかまれるなどして死亡した人は263人。同じ期間にサメに襲われ死亡した10人を大きく上回った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]