凍った湖を走る雪上競馬「ホワイトターフ」、2月開催 106周年

(CNN) 世界で最もすばらしい冬の行楽地の1つとして知られるスイスアルプスのふもと、エンガディンバレーに位置するサンモリッツの凍った湖で2月、世界的に珍しい雪上競馬「ホワイトターフ」が行われる。

ホワイトターフは1907年に始まり、今年で106周年を迎える。毎年2月の3度の日曜日に開催され、およそ3万人が参加するという。

競技を安全に行うために、毎年主催者は少なくとも氷の厚さが最低30センチになるまで辛抱強く待たなくてはならない。

各大会で行われるレースは、平地競争、トロッティング(1頭立ての2輪馬車のレース)、そしてこの地域特有のスキージョリングというレースだ。スキージョリングは馬と人とスキーが一体化したような競技で、スキーを履いた騎手が馬に引かれながら競争する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]