テスラ大株主の英運用会社、保有株を大量売却

充電されるテスラ車=4月26日、米​カリフォルニア州コーテマデラ/Justin Sullivan/Getty Images

充電されるテスラ車=4月26日、米​カリフォルニア州コーテマデラ/Justin Sullivan/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 英スコットランドの資産運用会社ベイリー・ギフォードは6日に提出した報告書で、米電気自動車大手テスラの株式を1100万株売却したことを明らかにした。同社はテスラの大株主。

今回の売却により、ベイリーによるテスラ株の持ち高は40%減少した。売却した株はテスラの発行済み(社外流通)株式の1.2%に相当する。

ベイリーは依然としてテスラ株の1.7%を保有しており、テスラの機関投資家の中で5番目の大株主となる。

ただ、今回の売却でベイリーは2四半期連続でテスラ株の持ち高を削減することになった。同社は昨年10~12月にも740万株を売却しており、昨年9月末以降、保有するテスラ株の半分以上を売った計算になる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]