強盗未遂が人質事件に発展、ウェルズ・ファーゴ支店で立てこもり続く 米ミネソタ州

米ミネソタ州セントクラウドでの人質事件の現場=6日/WCCO

米ミネソタ州セントクラウドでの人質事件の現場=6日/WCCO

(CNN) 米ミネソタ州セントクラウドにある金融大手ウェルズ・ファーゴの支店で6日、強盗未遂に端を発した人質事件が発生した。現在も店内の人が人質にされた状態が続いている。

同州セントポール警察によると、現地時間の6日午後2時ごろ、同支店に強盗が入ったらしいとの通報があった。

ウェルズ・ファーゴの広報は、同支店内で人質事件が起きていることを確認。「地元当局に協力しており、捜査を全面的に支援する」「お客様と従業員の安全を最優先する」と説明している。

CNN提携局WCCO―TVの映像によると、現場の建物からはこれまでに少なくとも2人が出てきた。いずれも女性で、見守っていた人たちから拍手で迎えられた。2人がウェルズ・ファーゴの従業員かどうかは分かっていない。

現場の建物から脱出した女性らは拍手で迎えられた/WCCO
現場の建物から脱出した女性らは拍手で迎えられた/WCCO

セントクラウド警察は、現時点で負傷者に関する報告はないと説明、米連邦捜査局(FBI)が捜査を支援していることを確認した。

セントクラウドはミネアポリスから約100キロ北西に位置する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]