サンリオが初の社長交代、92歳創業者から31歳孫へ

辻信太郎社長が社長を退き、孫の辻朋邦氏が後任になる/Yoshio Tsunoda/AFLO/Reuters

辻信太郎社長が社長を退き、孫の辻朋邦氏が後任になる/Yoshio Tsunoda/AFLO/Reuters

東京(CNN Business) 「ハローキティ」などのキャラクターを生み出したサンリオがこのほど、創業から60年で初めてとなる社長の交代を発表した。創業者である92歳の社長が、自身の孫にトップの座を引き継ぐとしている。

サンリオは12日の声明で、辻信太郎社長が7月1日付で社長を退き、孫で31歳の辻朋邦氏が後任になると明らかにした。信太郎氏はその後も会長職にとどまる。

山梨シルクセンターとして1960年に創業したサンリオは、73年に現在の社名に変更。翌年生まれたハローキティの人気に火が付き、日本でキャラクターのライセンスビジネスを手掛ける企業の先駆けとなった。

その後、サンリオは小売りやエンターテインメントの分野で事業を拡大し、現在、日本や米国、英国でテーマパークやレストランを運営している。

次期社長に就任する朋邦氏は、ハローキティと同じ11月1日生まれ。年齢は同氏の方が14歳若い。朋邦氏については、ゴールデンレトリバーをモチーフにした人気キャラクターのポムポムプリンを彷彿(ほうふつ)させるとして「いかにもサンリオっぽい風貌(ふうぼう)」といった反応がソーシャルメディアに寄せられている。

キャラクターは根強い人気を誇っているものの、サンリオの業績は過去数年厳しい状況が続く。2020年3月期の決算は、物販の落ち込みや複数のテーマパークの閉鎖が響き、純利益が1億9100万円と、前年比95%減だった。

東京都内にあるテーマパーク「サンリオピューロランド」は、新型コロナウイルスの感染拡大で2月以降臨時休館が続いているが、来月20日に一部制限付きで再開するとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]