NHK、抗議デモ説明するアニメ動画を削除 「侮辱的」との批判

NHKが黒人男性死亡事件に関連した動画を批判を受けて削除した/Kyodo News/Sipa

NHKが黒人男性死亡事件に関連した動画を批判を受けて削除した/Kyodo News/Sipa

(CNN) NHKは10日までに、黒人男性が警官に押さえつけられて死亡した事件に端を発する米国での大規模な抗議デモを説明するアニメ動画を削除した。動画に対しては、侮辱的であり複雑な人種問題を正確に伝えていないとする批判が寄せられていた。

動画は1分20秒ほどの長さで、黒人の男性が登場し、米国での抗議デモの背景を説明するという内容。

男性は問題の原因の一つとして白人と黒人の間で拡大する富の格差に言及する。また新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、黒人の失業率がより高い状態にあるとも指摘する。

しかし、黒人男性のジョージ・フロイドさんが警官の暴力によって死亡した事件には触れなかった。

NHKは動画をツイッターに投稿したが、オンライン上での批判を受けてその後これを削除した。

米国のジョセフ・ヤング駐日臨時代理大使は9日、動画について「侮辱的で無神経」との見解を表明。「米国における複雑な人種問題を扱おうとするNHKの意図は理解できるものの、より多くの考察と配慮がなされなかったのは遺憾だ」と語った。

NHKは声明で動画について、総合テレビで放送した26分間の番組で使用したと説明。番組内では黒人男性が警察官に押さえつけられて死亡した事件がデモの発端であることやトランプ政権の対応とそれに対する批判、アメリカ社会の分断の現状なども取り上げたとした。

そのうえで「掲載にあたっての配慮が欠け、不快な思いをされた方にお詫びいたします」と謝罪した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]