ボーイング737MAX、運航再開は今年半ばにずれ込む見通し

米ボーイングは「737MAX」の運航再開が今年半ばになるとの見通しを示した/Stephen Brashear/Getty Images

米ボーイングは「737MAX」の運航再開が今年半ばになるとの見通しを示した/Stephen Brashear/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business)  米ボーイングは21日、相次ぐ墜落事故を受けて運航が停止されている「737MAX」について、運航再開が認められるのは今年半ばになるとの見通しを示した。

737MAXは346人の死者を出した2度の墜落事故を受け、昨年3月から運航が停止されていた。ボーイングは当初、MCASと呼ばれる安全システムを修理することで、2度目の事故から数週間後には運航を再開できると見込んでいたが、その目標が何度も先送りされる状況が続いていた。

ボーイングにとってはこれで一層コストがかさみ、製造の再開がさらに難しくなるのは必至だ。

同社は6週間前の時点で、2019年末までに運航再開が認められると見込んでいた。しかし米連邦航空局(FAA)は12月11日、運航再開の承認は2020年にずれ込むと発表。さらに、ボーイング社内で同機の安全性を疑問視するような冗談が飛び交っていた実態も明るみに出た。

運航再開に関する新しい見通しについてボーイングは、「承認手順に関する我々のこれまでの経験」に基づくと述べ、「規制当局が現在、737MAXの飛行制御システムの検証に関してあらゆる段階で適応している厳格な検査も念頭に置いている」とした。

FAAは同機の運航再開について、一切の見通しを明らかにしていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]