スタバが「猫の手カップ」発売、人気過熱でけんかも 中国

スターバックスが中国で数量限定の「猫の手カップ」を発売し人気沸騰/Starbucks China

スターバックスが中国で数量限定の「猫の手カップ」を発売し人気沸騰/Starbucks China

香港(CNN Business) 米コーヒーチェーン大手スターバックスがこのほど、中国で数量限定の「猫の手カップ」を発売し、熱狂的な人気を呼んでいる。店頭ではカップを入手しようとする客同士のけんかも相次いだ。

この製品は二重壁のタンブラーで、内側が猫の手のような形をしている。飲み物を注ぐと猫の手が浮かび上がるという趣向だ。

一風変わった製品の登場に顧客は熱狂。先月26日に199元(約3300円)で発売されると、即日完売となった。発売数は公表されていない。

あまりの人気ぶりに、中国のインターネットや国営メディアでは、スターバックスが販売数を故意に絞って需要をあおっているのではないかと示唆する声も出始めた。ただ、同社はソーシャルメディアでこの主張を否定し、27日には翌日から4日間毎日1000個をオンラインで販売すると発表した。

スターバックスと提携するアリババによると、初回の1000個は発売から10分の1秒以内に完売。それを受けて翌1日に残り3000個のカップを売り尽くす方針に変更したが、1日も1秒以内に完売したという。

今回の一幕は、企業が話題性を狙ったマーケティングを行う際のかじ取りの難しさを示している。

上海を拠点にする調査企業チャイナ・マーケット・リサーチ・グループのアナリスト、ベンジャミン・カベンダー氏は「この件はバイラルマーケティングの負の側面を示す良い例だ」と指摘。一方でプラスの側面として、スターバックスへの強い関心や消費者の来店意欲が明らかになった点にも触れた。

スターバックスは長年、世界各地の重要な市場で限定製品を発売してきた。ただ、高い需要があるが故に消費者の落胆を招く状況は他の市場でも見られ、最近では米国で、年末休暇中に登場した限定版の赤いカップが提供開始後すぐになくなり、利用客から入手できないなどの声が上がっていた。

中国はスターバックスにとって米国に次ぐ世界第2の市場で、同社は今後さらに出店攻勢をかける構え。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]