5G対応の折り畳めるスマホ発表、29万円 中国ファーウェイ

ファーウェイ、折り畳み式スマホを発表

バルセロナ(CNN Business) 中国のスマートフォン大手ファーウェイ(華為技術)は24日、次世代通信規格「5G」に対応した折り畳み式スマートフォン「Mate X」を発表した。

ファーウェイの発表は、スペインのバルセロナで開かれるモバイル業界の見本市「モバイル・ワールド・コングレス」の開幕前夜に行われた。韓国サムスン電子はこれに先立ち、折り畳み式の「ギャラクシー・フォールド」を発表していた。

値段はギャラクシー・フォールドが1960ドル(約22万円)。Mate Xは最も安い機種で2600ドル(約29万円)。ファーウェイが5G対応を強調しているのに対し、サムスンは4Gモデルと5Gモデルを発売する。

画面を開いた場合のサイズはファーウェイが8インチ、サムスンは7.3インチ。スマートフォンモードではファーウェイが6.6インチ、サムスンは4.6インチになる。

折り畳んだ時の厚さはファーウェイが11ミリと、サムスンの17ミリに比べてずっと薄い。

ファーウェイの発表会には大勢の来場者が詰めかけ、開始の何時間も前から行列ができた。会場に入り切れない人は外で大型画面に映し出される発表の様子を見守り、時折大きな歓声が上がっていた。

アナリストや報道陣がMate Xの実機を試すことはできず、警備員の厳重な監視の下、ガラス越しに見ることしかできなかった。

サムスンのギャラクシー・フォールドは4月26日に発売される見通し。ファーウェイは発売予定を明らかにしていない。

ファーウェイは、スマートフォンで世界最大手のサムスンに追いつこうとしのぎを削っている。ファーウェイの発表会では、両社の製品を大型画面に並べて比較する場面もあった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]