エアアジア機が急降下、「乗員のせいでパニック悪化」と非難

2017.10.16 Mon posted at 16:51 JST

[PR]

(CNN) マレーシア格安航空大手エアアジアのQZ535便が出発後、技術的な問題を受けて機体を約6000メートル急降下させたが、その際に乗務員が叫ぶなどしたためパニックが悪化したとして乗客から非難の声が上がっている。

QZ535便は15日、オーストラリア・パースを出発し、インドネシア・バリ島を目指したが、出発後、客室の与圧が下がった。

乗客の1人が豪地元局に語ったところによると、乗務員が叫んだり、涙を浮かべたりしたために、パニックがエスカレートしたという。機体はその後、無事にパースに戻った。

別の乗客も「乗務員がヒステリーに陥った。その前は、本当のパニックは起こっていなかった。その後、全員がパニックになった」と述べた。

航空情報サイトのフライトアウェア・ドットコムによれば、同便は3万4000フィート(約1万メートル)から数分で1万フィートまで急降下した。これは、客室が減圧した際の標準的な手順とされる。

エアアジアはCNNに対し、同便がパースに戻ったのは「技術的な問題」によるものだと説明。「エアアジアは乗客と乗員の安全のために全力で取り組んでおり、最高の安全基準が順守されることを保証し続ける」と述べた。

問題の原因を探るため機体は検査を受けた。エアアジアは乗務員に対する批判についてはコメントしなかった。

メールマガジン

[PR]