ポルシェが乗り換え自由の新サービス、月額2千ドルから

2017.10.12 Thu posted at 09:01 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 独自動車メーカー、ポルシェは12日までに、米ジョージア州アトランタ周辺を対象に、毎月一定の金額を支払うと、利用者が好きな車種をいつでも利用できるようになる新サービス「ポルシェ・パスポート」を発表した。

例えば、ひと月2000ドル(約22万5000円)を支払えば、「718ボクスター」や「ケイマンS」「マカンS」「カイエン」といった車種から好きなものを選べる。好きな時に車種を変更することも可能だという。

利用者はスマートフォン用アプリを利用してディーラーにいつ、どこに新車を送り届けてほしいか通知する。利用者のもとに新車が届けられるが、私物は全て積み込まれており、ラジオのプリセットや電話などもすべて、利用者の好みに設定済みだという。

2000ドルの中には保険や税金、登録料などが含まれている。

さらに月額3000ドルのコースでは、より高級な車種も利用できるようになる。選べる車種は、「911カレラS」や「パナメーラ4S」「マカンGTS」「カイエンSEハイブリッド」など。

ポルシェは独フォルクスワーゲン(VW)の子会社。アトランタには米国本社がある。

同様のプログラムは米ゼネラル・モーターズ(GM)も4月に発表。ニューヨーク市で試験運用を行っている。

メールマガジン

[PR]