エアアジア機、激しい振動で引き返す 乗客に「祈り」呼びかけ

2017.06.26 Mon posted at 09:58 JST

[PR]

(CNN) オーストラリア西部パースからマレーシアに向かっていた格安航空エアアジアXの旅客機(エアバスA330-300型機)が25日、エンジントラブルによる機体の激しい振動に見舞われて、パースの空港に引き返した。

乗客のダミアン・スティーブンズさんはCNNの取材に対し、「出発から1時間15分ほどたったころ、バンという大きな音が聞こえた」と証言。「引き返す間の2時間近く、ずっと振動が続いた」「ひどい振動で、とても怖かった」と振り返った。

同機は乗客359人を乗せて現地時間の午前6時40分にパース空港を出発し、午前10時ごろ、同空港に戻った。同空港の広報によると、操縦士がエンジンに技術的問題を認めたことから引き返して、無事着陸したという。

エンジンはロールス・ロイス製の「トレント700」で、トラブルが起きた原因は不明だが、高速回転するエンジンの内部で不具合が発生すれば、機体が激しく振動することがある。A330のような双発機は、どちらか一方のエンジンだけでも作動していれば、安全に離着陸できる設計になっている。

スティーブンズさんによると、操縦士は乗客に対し、祈ってほしいと2度呼びかけ、着陸までの約2分間は「身構えるよう」指示されたという。

着陸はスムーズだったといい、無事着陸すると機内から拍手が巻き起こった。操縦士は全員と握手を交わしていたという。

ソーシャルメディアには、座席がガタガタと激しく振動する様子を映したビデオも投稿され、「死ぬかと思った」というコメントが付いている。

トレント700のエンジントラブルは今月に入って2度目、5月以来では3度目になる。ロールス・ロイス広報は、「パートナーと連携して原因究明に努める」とコメントした。

メールマガジン

[PR]