わずか6機でロシア軍艦を撃沈、操縦士が語る水上ドローンの威力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウクライナ無人艇、ロシア艦船を撃沈

ウクライナ・オデーサ近郊(CNN) 命中したのはジェットスキーで駆動する水上ドローン6機のみ。これでロシアの誘導ミサイル艦を撃沈した。この攻撃にかかわったウクライナ軍特殊部隊の隊員が、希少なインタビューに応じて明らかにした。

ウクライナ国防省情報総局は今月1日、ロシアの小型艦「イワノベッツ」がクリミア半島の黒海に面した入り江でドローンに攻撃され、船体を損傷して沈没したと説明していた。

この攻撃にかかわったドローン操縦士の1人がCNNに語ったところによると、攻撃には「MAGURA」ドローン10機を使い、うち6機が命中してロシア軍艦を撃沈した。

MAGURAはジェットスキーで駆動するドローンで、全長わずか数メートル。だが航続距離は約800キロと長く、ウクライナの海岸線の広大な範囲からクリミア半島の標的に対する作戦を実行できる。

取材に応じたのはコールサインで「13」と呼ばれるドローン操縦士で、ウクライナ国防省情報総局の特殊部隊に所属する。同部隊はクリミア半島やロシア軍に対する数々の攻撃にかかわり、ドローンを使用するなどして通常兵器の射程をはるかに超えた距離から攻撃を展開してきた。

ウクライナ側が公開した夜間撮影の映像には、イワノベッツに接近するドローンに対してロシア軍が射撃する様子が映っている。ドローンは少なくとも2機が艦体の側面に衝突し、大きな爆発を引き起こした。

映像には衝撃的な場面もある。水面から突き出しているのは、ドヌズラフ湖に沈むイワノベッツの船首と思われる。

「ウクライナ」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]