イスラエル軍、ジャバリヤ難民キャンプの包囲完了と発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イスラエル軍の攻撃の後破壊されたジャバリヤ難民キャンプの建物/Fadi Alwhidi/Anadolu/Getty Images

イスラエル軍の攻撃の後破壊されたジャバリヤ難民キャンプの建物/Fadi Alwhidi/Anadolu/Getty Images

(CNN) イスラエル軍は5日、パレスチナ自治区ガザ地区北部にあるジャバリヤ難民キャンプの包囲を完了したと発表した。

ジャバリヤはガザ地区で最大規模の難民キャンプ。イスラエル軍がイスラム組織ハマスとの戦闘を再開した後、新たな攻撃にさらされてきた。

イスラエル軍は声明で、ジャバリヤのハマス拠点に対する作戦を実行したと発表。イスラエルの治安機関「シンベト」の部隊とともにハマスの司令部を急襲し、自軍に対する攻撃の主要拠点を占拠したと報告した。

民間の敷地内で武器や発射装置が見つかったとも主張した。ガザ地区北部にある民家の庭でロケット弾を発見し、破壊したという。

ジャバリヤ難民キャンプは1948年の第1次中東戦争後、イスラエル建国で多くのパレスチナ人が住む場所を失った時期に開設された。敷地内には住居や店舗が密集している。

10月にイスラエル軍がキャンプ内のハマス司令官やインフラを狙った攻撃によって壊滅的な被害を受け、多数の死者が出たとされる。

「イスラエル」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]