森の中の弾薬処理場で爆発、大規模火災 高温で延焼懸念も 独ベルリン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルリン市内の森、グルーネヴァルトから煙が立ち上る様子/INA FASSBENDER/AFP via Getty Images

ベルリン市内の森、グルーネヴァルトから煙が立ち上る様子/INA FASSBENDER/AFP via Getty Images

ベルリン(CNN) ドイツ・ベルリンで最も大きな森の一つであるグルーネヴァルト内にある警察の弾薬処理場で4日朝、数回の爆発があった後、大きな火災が発生した。

ベルリンの消防当局によると、火災は1万5000平方メートルに広がっているという。当局は住民に現場の森に近づかないように呼びかけている。

第2次世界大戦時の古い軍需品や発煙物、武器の信管を外すために使われる処理場から大きな爆発音が聞こえたと、ベルリン消防署長は記者団に語った。

「危険な状況」で、消防士約120人が消火作業にあたっているという。消防署長は「すべてをコントロールするには時間がかかる」との見解を示した。

弾薬庫のさらなる爆発と破片飛散の恐れがあり、当初は距離を置かなければならなかったため体系的な消火活動ができなかったと当局は説明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]