ロシア軍の死者数、侵攻開始以降で最大2万人か 欧米当局者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
首都西郊の村で掘り起こしたロシア軍兵士の遺体を調べるウクライナの法医学専門家/Sergei Supinsky/AFP/Getty Images

首都西郊の村で掘り起こしたロシア軍兵士の遺体を調べるウクライナの法医学専門家/Sergei Supinsky/AFP/Getty Images

(CNN) 欧米の複数の当局者は4日、2月24日のウクライナ侵攻開始以降、ロシア軍の兵士最大2万人が死亡したとの推計をCNNに示した。

負傷した兵士の数は5万5000人で、死傷者数の総計は約7万5000人に上るという。

複数の当局者はCNNの取材に対し、戦闘ペースの鈍化に伴い、死傷者数の増加ペースも落ちていると指摘した。

それでも最大2万人の死者が出ている状況であり、総計の死傷者数が7万5000人に上るとの見方は正しいと思われるとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]