プーチン氏、自身をピョートル大帝になぞらえる ウクライナ侵攻は正当と示唆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モスクワの博覧会場でピョートル大帝に関する展示を視察するプーチン大統領(中央)/President of Russia

モスクワの博覧会場でピョートル大帝に関する展示を視察するプーチン大統領(中央)/President of Russia

(CNN) ロシアのプーチン大統領は9日、17世紀後半から18世紀にかけてのロシアの君主ピョートル大帝に自らを重ね合わせ、ウクライナ侵攻を正当化する姿勢を見せた。

プーチン氏はこの日、初代ロシア皇帝のピョートル大帝を扱った展覧会を訪問。ピョートル大帝による18世紀のスウェーデンとの戦争を現在のウクライナ軍事侵攻になぞらえようと試みた。

プーチン氏は発言の中で、ピョートル大帝は征服を試みたわけではなく、ロシアに正当に帰属する領土を巡って戦っていたとの見方を示した。

そのうえで今日のウクライナ戦争との類似点を指摘し、ウクライナは正統な主権国家ではなく、実際はロシア領なのだから最近の軍事行動は正当化されると示唆した。

プーチン氏は「なぜピョートル大帝はあそこに行ったのか」と問いかけ、「彼は(領土を)奪い返し強固にした。我々の運命も『奪い返し強固にする』することにあるようだ」と主張した。

さらに、欧州諸国は当初、サンクトペテルブルクをロシア領と認めていなかったと指摘。クリミア半島を含め、欧米諸国がロシアの領土と認めていないウクライナの占領地での状況と同一視した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]