溶かされる寸前だったロシア皇帝の「金の卵」 34億円の価値

ファベルジェ工房製のイースターエッグ=ウォルツスキー提供

ファベルジェ工房製のイースターエッグ=ウォルツスキー提供

(CNN) 米中西部に住む金属スクラップ業者の男性が1万4000ドル(約140万円)で購入した「金の卵」。溶かせば500ドルくらいのもうけは出るだろうと男性が当初思っていたそれは、3300万ドル(約34億円)の価値を持つとされる芸術作品だった。

卵は小さく、金も大した量にならないことに気づいた男性は昨年、卵のなかに入っていた時計に刻印されていた「ヴァシュロン・コンスタンタン」という単語と「卵」でインターネット検索をしてみた。

そこで見つけたのは、英デーリー・テレグラフ紙の2011年の記事。ロシア王室が保有していたファベルジェ工房製のイースターエッグの話で、もし見つかればその価値は約34億円に上ると書かれていた。

驚いた男性はロンドンに飛び、ファベルジュの専門家キアラン・マッカーシー氏に鑑定を依頼した。

「ジーンズに格子模様のシャツ、スニーカーといういでたちの男性が入ってきた」とマッカーシー氏は言う。「彼が渡してくれた写真のファイルのなかに、美術と骨董の世界の宝であるこの卵があった」

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]