食料はロシアの「テロの兵器庫」の一部 欧州委員長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) 欧州連合(EU)の行政トップ、フォンデアライエン欧州委員長は8日、食料がロシアの「テロの兵器庫」の一部となっていると述べた。

フォンデアライエン氏は仏ストラスブールで開かれた欧州議会で、世界的な食料危機を緩和するために、ウクライナの黒海の港を早急に復旧させる必要があると強調した。

フォンデアライエン氏は「これは、世界で最も脆弱(ぜいじゃく)な国々や人々の一部に対する、プーチン(ロシア大統領)による冷徹で無慈悲で計算された包囲だ」と指摘。食料がロシア大統領府のテロの武器庫の一部となっているが、これを容認することはできないと述べた。

フォンデアライエン氏は、EUによるロシアへの制裁が基本的な食料は対象にしていないと強調した。

フォンデアライエン氏は、ロシアと第三国との間の穀物や他の食料の貿易については影響が及んでおらず、港湾での禁輸は特に農作物を完全に除外していると指摘。食料危機に関するロシアの「偽情報」に対抗する必要があると述べた。

8日にはトルコの首都アンカラで、トルコとロシアの外相が会談を行い、ウクライナからの穀物の輸出に関連した問題について協議を行っていた。

フォンデアライエン氏は、ウクライナの黒海の港の復旧支援に向けた国連の取り組みに謝意を示し、ウクライナの穀物はこうしたルートを経由してのみ輸出することができると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]