フランス、「多数」のロシア外交職員を追放へ ドイツも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) フランスの欧州・外務省は4日、「外交的地位を有するロシアの職員多数」を追放するとの声明を出した。

対象は「フランスに赴任し、我々の安全保障上の利益に反する」ロシアの外交職員となる。

この決定は欧州レベルでとられる措置の一環で、「我々の第一義的責任は常にフランス国民と欧州市民の安全を確保することにある」としている。

ドイツも同日早く、「相当な数」のロシア外交官の追放を決定した。こうした外交官の仕事が同国にいる避難民への脅威に当たると言及した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]