ロシア軍、マリウポリからの避難回廊をきょう再開 国防省発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マリウポリを逃れザポリージャに到着した車に乗る子ども=3月30日/Diego Herrera Carcedo/Anadolu Agency/Getty Images

マリウポリを逃れザポリージャに到着した車に乗る子ども=3月30日/Diego Herrera Carcedo/Anadolu Agency/Getty Images

(CNN) ロシア国防省は31日の声明で、包囲下にあるウクライナ南部の都市マリウポリからザポリージャに至る避難回廊を4月1日に再開すると明らかにした。フランスとドイツの首脳の要請を受けた措置としている。

国防省によると、フランスのマクロン大統領とドイツのショルツ首相からプーチン大統領への「個人的な要請」を受け、ロシア軍はモスクワ時間の1日午前10時(日本時間同日午後4時)、南部ベルジャンシクを中間点とする人道回廊を再開する。

声明ではまた、今回の人道措置を成功させるため、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と赤十字国際委員会の代表者が実施に直接参加することが提案されていると明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]