スリランカ大統領、非常事態を宣言 経済危機めぐるデモ暴徒化で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大統領の私邸の外で叫び声を上げるデモ参加者の男性/Eranga Jayawardena/AP

大統領の私邸の外で叫び声を上げるデモ参加者の男性/Eranga Jayawardena/AP

スリランカ・コロンボ(CNN) スリランカのラジャパクサ大統領が全土を対象に非常事態を宣言した。同国では過去数十年で最悪の経済危機をめぐるデモが発生し、大統領の自宅前で暴徒化する事態になっていた。

1日の官報によると、非常事態は同日発効した。これにより当局は令状なしで容疑者を逮捕、収監することが可能になる。

ラジャパクサ大統領は非常事態導入の決定について、「治安や公共の秩序、生活に必要な物資やサービスの維持」を考慮したものだと述べた。

人口2200万人のスリランカでは経済危機が続いており、国民は生活必需品を求めて長蛇の列をつくったり、長時間の停電を経験せざるを得ない状況になっている。

非常事態宣言に先立つ先月31日夜には、デモ隊が南西部コロンボにある大統領の私邸前でレンガを投げ、バスに火を付ける行為に及んでいた。ロイター通信が報じた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]