米CDC、感染レベル「極めて高い」渡航先をさらに追加

10日間のロックダウン(都市封鎖)が行われた際の様子=8月21日、スリランカ・コロンボ/Ishara S. Kodikara/AFP/Getty Images

10日間のロックダウン(都市封鎖)が行われた際の様子=8月21日、スリランカ・コロンボ/Ishara S. Kodikara/AFP/Getty Images

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は7日、新型コロナウイルスの感染状況を4段階に分類したリストを更新し、感染レベル4の「極めて高い」カテゴリーにカリブ海の島国ジャマイカなど3カ国を追加した。

レベル4に引き上げられたのは、ほかにインド洋のスリランカと、東南アジアのボルネオ島北部に位置するブルネイ。

CDCの基準では、直近28日間の感染者が10万人あたり100~500人でレベル3、500人を超えればレベル4に分類される。

カリブ海の島国ジャマイカ・キングストン。新型コロナの感染者数が急増している/Valery Sharifulin/TASS/Getty Images
カリブ海の島国ジャマイカ・キングストン。新型コロナの感染者数が急増している/Valery Sharifulin/TASS/Getty Images

ジャマイカのワクチン接種は7日の時点で人口100人当たり19回にとどまっている。感染拡大を抑えようと、先月末から外出制限日を設けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]