キエフ北郊から3000人以上脱出 ウクライナ内務省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イルピンから避難するバスに乗った女性=9日、ウクライナ/(Felipe Dana/AP)

イルピンから避難するバスに乗った女性=9日、ウクライナ/(Felipe Dana/AP)

(CNN) ウクライナ内務省は9日、首都キエフ北郊のイルピンとボルゼルの占領地域から3000人以上が脱出したと発表した。

内務省は「退避には約100台のバスと救急車両が関わった。救助された市民の中には数百人の子ども、高齢者、重病人がいる」と述べた。

また、首都近郊の5つの地域で市民が戦闘から逃れる「緑の回廊」を作るウクライナとロシアの合意にもかかわらず、他の多くの住民がキエフ北郊の町から退避を妨げられているとの従来の地元当局の声明も繰り返した。

警察によると、ブチャ、ゴストメル、ボロディアンカを離れようとする人道目的の車列が占領者に引き止められた。そのため、一部の人々は命の危険を冒してブチャからイルピンに脱出し、それから地元住民の列に加わって避難することを余儀なくされたという。

キエフ州の警察幹部は「人々は極度に疲れ、おびえ、空腹だが、最も重要なのは生きていることだ。封鎖状況から脱出してきた人々は、ロシアの支配地域での略奪や処刑、脅しといった占領の恐怖を共有した」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]