決然たる不服従でロシア軍に対峙、占領地で広がる抵抗運動 ウクライナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシア軍が制圧した街の様子は、住民に話を聴く

(CNN) ロシア軍が侵攻を続けるウクライナでここ数日、占領された地の住民がロシア軍に決然と立ち向かう運動が広がっている。中でも南部の黒海に面した港湾都市ヘルソンでは、ロシア軍の部隊に対して市民が何度も抗議運動を展開した。

ヘルソン市の中心部には5日、少なくとも数百人が集まって、ロシアによる占領に抗議した。

抗議デモの様子を撮影した動画には、時折銃声が鳴り響くなか、ヘルソン市内の広場に人々が続々と集まる様子が映っている。銃声の出所は不明だが、市庁舎前では少数のロシア兵が守りを固めていた。

デモ隊は「ウクライナ」と声を合わせ、若い男性がウクライナの青と黄色の国旗を振りながらロシア軍の車両によじ登ると、大きな歓声が上がった。

抗議運動に参加した男性はCNNに動画を提供し、「ヘルソンはウクライナだと、みんなが見せつけたいと思っている。勇敢な人はみんなこの集会に参加している。ロシア軍を恐れずに」と語った。

ヘルソンの抗議デモは6日も続いた。動画から判断すると、規模は前日より小さかったが、決然とした姿勢は変わらなかった。動画に映った高齢の女性はカメラを見つめながら静かに言った。「私たちの国を救って! みんな死んでほしい、プーチンと一緒に」

ロシア軍が制圧した市や町では、ロシアに立ち向かう運動の波が広がっている。大統領は、危険を冒してでも不服従を続けるよう市民に呼びかけた。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は5日、「自分たちの街を守れる者は、誰もが戦い続けなければならない。必ず。もし誰もが脱出すれば、その街は誰の物になるのか?」とフェイスブックに書き込んでいる。

6日には何百人もが大統領の呼びかけに応じ、ヘルソン地域を横断するデモ行進に参加した。

ヘルソン郊外のノーバカホフカでは、ほうきとちり取りを振りかざしてロシア軍部隊を出迎えた高齢女性に市民が喝采を送った。市庁舎前では男性2人が台座によじ登ってウクライナ国旗を掲げた。

その後、銃声が鳴り響く中で、集まった人たちの間から煙が立ち上る映像が浮上した。ウクライナのインタファックス通信は、ロシア軍の発砲(恐らくはデモ参加者の頭上で)や音響閃光(せんこう)弾の使用で5人が負傷したと伝えている。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「ウクライナ」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]