英女王の君主制から離脱、カリブ海の島国バルバドスが共和制に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カリブ海の島国バルバドスが共和制に移行する/Joe Raedle/Getty Images

カリブ海の島国バルバドスが共和制に移行する/Joe Raedle/Getty Images

バルバドス・ブリッジタウン(CNN) カリブ海の島国バルバドスが、英国のエリザベス女王(95)を君主とする立憲君主制を廃止し、共和制に移行する。

かつて英国の植民地だったバルバドス(人口約30万)は、1966年に独立したが、共和制に移行する計画を昨年9月に復活させた。サンドラ・メイソン総督(73)は「植民地だった過去から完全離脱する時が来た」と宣言していた。

メイソン氏は29日夜に行われる式典で、共和国の初代大統領に宣誓就任する。国会は先月、メイソン氏を大統領に選出した。

式典には、英連邦の未来の君主となる英国のチャールズ皇太子も出席する。英王室によると、チャールズ皇太子はバルバドスのミア・モトリー首相から来賓として招かれ、式典に参列する。

英女王を君主とする立憲君主制を廃止するのは、1992年のモーリシャス以来。モーリシャスと同様、バルバドスも英連邦には残存する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]