カリブ海クルーズ船、再開第1便で乗客がコロナ感染

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再開したカリブ海クルーズ船でコロナ感染

(CNN) 新型コロナウイルス感染拡大後にカリブ海での運航を初めて再開したクルーズ船で、乗客5人の感染が見つかった。

米シードリーム・ヨットクラブの「シードリーム1」はカリブ海クルーズ再開の第1号として、7日にバルバドスを出発。11日に乗客1人の陽性が判明してグレナディーン諸島から引き返し、同日夜にはバルバドスに帰港した。

乗客の1人によると、船長が船内アナウンスを通し、検査の結果5人が陽性反応を示したと発表した。

ジーン・スローン氏が撮影した同船/Gene Sloan
ジーン・スローン氏が撮影した同船/Gene Sloan

シードリーム・ヨットクラブは報道発表で、複数の乗客が陽性になり、乗客と最低限の要員以外の乗組員が全員、自室で隔離状態に入ったと述べたが、陽性者の人数は明言しなかった。同社によると、乗組員は全員陰性だった。

取材のためクルーズに参加している旅行サイト「ザ・ポインツ・ガイ」のリポーター、ジーン・スローン氏によると、船の乗客は53人、乗組員は66人。乗組員の1人は12日、最初の陽性者以外が全員陰性だった場合は数日後に下船できるだろうと話していた。

シードリーム1は感染判明を受けてバルバドスに帰港した
シードリーム1は感染判明を受けてバルバドスに帰港した

シードリーム1は船内での感染の可能性を排除するため、徹底した検査体制を設けていた。スローン氏は「ワクチンや集団免疫ができるまで、クルーズ再開とともに同じようなことは起きるだろう。分からないのはどれくらいの頻度や規模で起きるのかということだ」と指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]