到達困難な海岸で発見された女性、氏名も経緯も記憶なし クロアチア

(CNN) クロアチア北部クルク島の海岸で、記憶のない1人の女性が発見・保護された。女性は自分が誰なのか、どうやってその場所にたどり着いたのかも覚えていないと言い、地元警察は女性の写真を公表して情報の提供を呼びかけている。

地元警察によると、女性は60歳前後と思われ、今月12日にクルク島で発見されてけがの手当を受けた。中肉中背で身長約165センチ、髪は肩までの長さの金髪で、青い目をしている。

「英語を話すが自分が誰なのかは覚えていない」と警察は言い、現在は病院にいて、安定した状態にあると説明した。

警察が情報提供を求めたところ、数人から反応があったものの、身元は今も判明していない。

地元メディアの報道によると、女性は海岸にいるところを船に乗った男性に発見された。

通報を受けて山岳救助隊の14人が出動し、車と徒歩で女性のいる場所に到達。「海岸に下りていくと、軽傷を負った女性が見つかった。極度の脱水状態にあり、衰弱していて、水を何口か飲むのがやっとだった」と救助隊は伝えている。

女性は歩くことができなかったため、救助隊が担架に乗せて病院に搬送したが、本人は自分がどこから来たのかも、どうやって島にたどり着いたのかも分からない状態で、携帯電話も身分証なども持っていなかった。近くに車はなかった。

地元住民によると、女性がいた場所は岩場が多く、徒歩でも船でも近寄ることはほぼ不可能だという。

クルク島はクロアチアのアドリア海に浮かぶ最大の島で、観光地として人気がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]