私がヌーディストビーチをこよなく愛する理由

(CNN) クロアチアにある無人島、ロクルム島での初のヌーディストビーチ体験に出発する前に、不安に駆られた私はあえてビキニを家に置いて行った。

見知らぬ人々の前で裸になることへの恐怖心で、土壇場で自ら旅行を取り止めるのを防ぐにはそうするしかなかった。

島の南東に位置する岩だらけのビーチをざっと見渡した後、水際の岩の上に落ち着いた。そこなら体を冷やしたい時や恥ずかしくなった時、すぐに海に飛び込めるからだ。しかし、日光で体が温まるにつれ、人前で裸になることへの不安はすぐに消えた。

ほどなくして、望遠レンズ付きのカメラを握りしめた旅行者で混み合う1隻のボートが海岸に近付いてきた。慌てて海に飛び込むと、濃い青色の海のおかげで旅行者たちの好奇の目にさらされずに済んだ。

邪魔は入ったものの、私のヌーディストビーチへの愛は2016年のこの日に正式に始まり、すぐに行く先々でヌーディストビーチを探し求めるようになった。

私にとって自分の抑制を水着とともに手放せるのは、この上なく解放感に浸れる体験だ。

自分の自然な姿を受け入れ、(普段は)日光を浴びることのない体の部分にビタミンDを浴びることにより、欠陥だらけの自分の体を受け入れ、称賛する。

またヌーディストビーチのおかげで、腹回りの脂肪、妊娠線、にきび痕が気にならなくなった。ヌーディストビーチにいると、人目が全く気にならない神聖な空間にいるような気分になる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]