レストランの新規出店を「禁止」に、観光公害対策で市長が提案 クロアチア

クロアチアで人気の観光地、ドブロブニクの市長が新たな観光公害対策を提案/ELVIS BARUKCIC/AFP/AFP/Getty Images

クロアチアで人気の観光地、ドブロブニクの市長が新たな観光公害対策を提案/ELVIS BARUKCIC/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) アドリア海に面したクロアチアの港市ドブロブニクの市長がこのほど、旧市街でのレストランの新規出店を5年間にわたり事実上「禁止」する案を打ち出した。観光客が押し寄せる「オーバーツーリズム(観光公害)」への対策の一環としている。

中世の城壁に囲まれたドブロブニクの旧市街は近年、テレビドラマの影響などで訪れる観光客が大幅に増加した。同市の市議会は12月、旧市街でのレストラン経営に関する市長からの提案について採決を行う。

この提案は旧市街のレストランに対し、店外に新たな椅子やテーブルを置くことを向こう5年間禁止するというもの。旧市街のレストランのほとんどは城壁の内部を利用して営業しているため、店内の座席数が極めて限られている。店外に椅子やテーブルを一切置けなくなる今回の提案は、新たなレストランの出店が事実上禁じられることを意味する。

上記の措置を提案したドブロブニクのフランコビッチ市長は、CNNの取材に答え「誰であれ旧市街でレストランを開業したいという人は、テーブルや椅子を新しく置くことが向こう5年間はできなくなる」「店内での営業は可能だが、旧市街では屋内で仕事をする空間を見つけるのがとても難しい。99パーセントのレストランは、主に店外のテーブルを使用して営業している」と説明した。そのうえで、レストランの開業を5年間にわたり事実上禁止するということか、との問いには「その通り」と答えた。

観光客でにぎわうドブロブニクの旧市街/Savo Prelevic/AFP/Getty Images
観光客でにぎわうドブロブニクの旧市街/Savo Prelevic/AFP/Getty Images

ドブロブニクでは公共の空間がすべて市の所有となっており、レストランに対してテーブルを置く場所を割り当てるかどうかの判断は市に委ねられている。

クロアチアへの豪華ツアーの運営事業を手掛けるグレアム・カーター氏は、レストランの新規出店を制限するのは「賢明な措置だ」と指摘。「レストランが必要とするスペースが増えれば、それだけ歩行者の歩く場所が狭まる。路上の混雑に拍車がかかることを意味する」と述べた。

フランコビッチ市長はこれまでにも、クルーズ船の寄港の制限や土産物の屋台の営業規制、屋外で座れる場所の削減といったオーバーツーリズム対策に取り組んでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]