ニュージーランドの国名を「アオテアロア」に、先住民政党が署名運動

ニュージーランドの先住民でつくるマオリ党が、国名をマオリの言葉で同国を意味する「アオテアロア」に変更するよう求める署名運動を開始した/Hagen Hopkins/Getty Images

ニュージーランドの先住民でつくるマオリ党が、国名をマオリの言葉で同国を意味する「アオテアロア」に変更するよう求める署名運動を開始した/Hagen Hopkins/Getty Images

(CNN) ニュージーランドの先住民でつくるマオリ党は14日、正式国名をマオリの言葉で同国を意味する「アオテアロア」に変更するよう求める署名運動の開始を発表した。

同党はまた、市町村や場所の名称も全てマオリの地名に戻すよう、下院に働きかけている。

声明の中で同党は、「テレオマオリ(マオリ語)がこの国で最初の公用語としての正当な地位を取り戻してから長い時が過ぎた。我々はポリネシア国家であり、我々はアオテアロアだ」と宣言。国名変更のプロセスを2026年までに完了するよう求めた。

さらに、「タンガタ・フェヌアは自分たちの祖先から受け継いだ名称がないがしろにされ、おとしめられ、無視されることにひどく心を痛めている。21世紀になった今、この状況を変えなければならない」と強調した。タンガタ・フェヌアは「大地の人々」を意味するマオリ語で、一般的にマオリの人々の意味で使われている。

声明によれば、マオリ語を流暢(りゅうちょう)に話す人は1910年の90%から50年には26%に減少。「王室はわずか40年の間に我々の言語を奪い、我々は今現在もその影響を感じている」と述べ、同国でマオリ語を話せる人は人口のわずか3%に減ったと指摘。「王室には、我々の言語の地位を取り戻すために全力を尽くす責任がある」とした。

さらに、テレビやラジオ、道路標識、地図、広告、教育現場などでもマオリ語を使う必要があると訴えている。

同党は14日、これまでに1万2000の署名が集まったとツイートした。

ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は今回の署名嘆願についてはコメントしていない。昨年9月の時点では、ニュージーランドに代わってアオテアロアが使われる場面が増えたことは前向きに受け止めるとしながらも、正式な国名の変更は検討していないと述べていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]