プーチン大統領が自主隔離、身近で複数が新型コロナ陽性

ロシアのプーチン大統領。身近で新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けた人が出たため自主隔離に入った/Valery Melnikov/TASS/POOL/Getty Images

ロシアのプーチン大統領。身近で新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けた人が出たため自主隔離に入った/Valery Melnikov/TASS/POOL/Getty Images

(CNN) ロシア大統領府は14日、プーチン大統領の身近で数人が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたため、同氏が自主隔離に入っていると発表した。

本人は検査で陰性を示し、健康状態も良好だという。

プーチン氏はロシアで新型ウイルスワクチンの接種が始まってから3カ月以上過ぎた今年3月に接種を受けていた。

同氏自身もこの日、タジキスタンのラフモン大統領との電話会談で、一定期間の隔離措置が必要になったと話した。

今週の予定はビデオ会議形式に切り替えるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]