ワクチン接種で6万人が救命、イングランド公衆衛生庁

ロンドンのテート・モダンに一時的に設置されたワクチン接種センターで人々が距離をあけて順番を待つ=16日/Tolga Akmen/AGP/Getty Images

ロンドンのテート・モダンに一時的に設置されたワクチン接種センターで人々が距離をあけて順番を待つ=16日/Tolga Akmen/AGP/Getty Images

(CNN) 英イングランドの公衆衛生庁(PHE)は31日までに、新型コロナウイルスのワクチン接種でこれまで6万人が救命されたと推定する最新報告書を公表した。

感染の予防につながったとするのは2200万人以上。以前の発表数字と比べ倍以上の水準となった。

これらのデータはPHEと英ケンブリッジ大学の生物統計学班の予測モデルの分析に基づく。PHEは、ワクチン投与が救命と感染拡散を減らすことに顕著な効果をもたらしたことを裏づけたと主張した。

一方、イングランドのジョナサン・バン・タム副主任医務官は英BBC放送の取材に29日、英国で今後、第4波の感染拡大が発生するのかどうかについて科学者は承知していないと指摘。

英国で18~25歳層を含む成人人口で高率のワクチン接種率が実現した場合、新たなロックダウン(都市封鎖)措置を講じる事態となる可能性ははるかに少なくなると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]