チェコ大統領、トランスジェンダーの人々は「不快」

チェコのゼマン大統領/Lukas Kabon/Anadolu Agency/ Getty Images

チェコのゼマン大統領/Lukas Kabon/Anadolu Agency/ Getty Images

チェコ・プラハ(CNN) チェコのゼマン大統領は27日、CNN提携局CNNプリマニュースのインタビューで、ハンガリーで成立したLGBTQ(性的少数者)に関する新法について議論するなか、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人々について「不快」と語った。

ハンガリーで成立した新法は、子ども向けのあらゆる教材や教育プログラムに関して同性愛や性別の転換などを助長するとみなされるものを禁止している。新法は欧州連合(EU)加盟国から激しい非難を浴びている。

ゼマン氏は、いかなるEU加盟国の内政問題への介入は大きな政治的誤りだと指摘。ハンガリーのオルバン首相を擁護し、「オルバン首相に合意しない理由が見当たらない」と述べた。

ゼマン氏は「ゲイやレズビアンといった人々は理解できる」としたが、トランスジェンダーの人々については理解できないとの姿勢を示し、トランスジェンダーの人々は「自分にとって本質的に不快だ」と述べた。

ハンガリーのEU加盟国としての立場には疑問の声も出ている。EUのフォンデアライエン欧州委員長は先ごろ、ハンガリーの新法について、明らかに差別的だとして非難した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]