先住民マオリの議員、議場で「ハカ」踊って退場 NZ

ニュージーランドのマオリ党共同党首ラウィリ・ワイティティ議員/Nick Perry/AP

ニュージーランドのマオリ党共同党首ラウィリ・ワイティティ議員/Nick Perry/AP

(CNN) ニュージーランド議会で12日、先住民マオリの議員が先住民の権利に関する審議の最中に伝統の踊り「ハカ」を踊り、議場から退場させられた。

退場させられたのはマオリ党共同党首のラウィリ・ワイティティ議員。ジャシンダ・アーダーン首相の質疑応答を遮って、野党の言動が人種差別的だとして非難した。

議長との緊迫した応酬を経てマイクのスイッチを切られたワイティティ議員は、ハカを踊り始めて即座に退場を命じられた。

ハカはニュージーランドでラグビーの試合前などに披露されるマオリ伝統の踊りで、戦いを前にして相手に立ち向かう掛け声の意味合いがある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]