米、同盟国とともに中国に制裁 ウイグル族への人権侵害で

米国がウイグル族への人権侵害で中国当局者に対する制裁を発表/Pool/Getty Images AsiaPac/Getty Images

米国がウイグル族への人権侵害で中国当局者に対する制裁を発表/Pool/Getty Images AsiaPac/Getty Images

(CNN) 米国は22日、中国のウイグル族に対して「深刻な人権侵害」を行っているとして中国の当局者2人への制裁を発動した。中国当局者に対する制裁発動は欧州連合(EU)やカナダ、英国など同盟国と足並みをそろえたものとなった。米財務省が明らかにした。

制裁の発表は、米国と同盟国の団結を示すものとなり、すべての国が中国政府による新疆ウイグル自治区でのウイグル族や他の少数民族に対する抑圧を非難した。

入念に練り上げられた一連の声明で、米国と、欧州や北米、アジア太平洋の同盟国は団結した力を示し、制裁の発表と、中国政府を孤立させて圧力を与えることを目的としたとみられる非難声明を出した。EUが独自の制裁を発表したほか、諜報(ちょうほう)機関の情報を提供しあう英語圏5カ国「ファイブ・アイズ」(米、英、豪、カナダ、ニュージーランド)の外相は共同声明を発表した。

共同声明では、中国政府自身の文書や人工衛星の画像、目撃者による証言など圧倒的な数の証拠があると指摘。「中国による広範囲な抑圧のプログラムには宗教の自由の厳しい制限や強制労働の利用、抑留施設での大規模な拘束、強制的な不妊手術、ウイグル族の遺産に対する協調した破壊行為が含まれる」と述べた。5カ国は声明で、EUとともに措置を講じるとした。

米国のブリンケン国務長官は中国政府によるウイグル族への一連の行為を「ジェノサイド(集団虐殺)」と呼び、中国に対して、ウイグル族や他の少数民族に対する抑圧をやめるよう求めた。

中国は制裁発表に即座に対応した。中国は同日、EUの政治家10人と4つの団体について、悪意のある嘘と誤情報を拡散させているとして、制裁を発表した。制裁対象となった人物らは中国本土や香港、マカオへの立ち入りが禁じられるほか、関係する企業や団体は中国との事業が制限される。

欧州議会のサッソリ議長は、欧州議会議員や人権小委員会、EU組織に対する制裁は受け入れられないと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]