コロナ患者1人、4分ごとにICU入り 変異株猛威の仏

新型コロナ感染第3波の脅威について危機感を表明するフランスのカステックス首相/Martin Bureau/Pool/AFP/Getty Images

新型コロナ感染第3波の脅威について危機感を表明するフランスのカステックス首相/Martin Bureau/Pool/AFP/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルスの変異株が猛威を振るっているフランスのカステックス首相は20日までに、第3波の到来がより鮮明になりつつあるとして現段階で感染者の1人が4分ごとに集中治療室(ICU)に運ばれている計算になっているとの危機感を表明した。

感染拡大はかなり加速しているともし、以前の波に比べより若年で健康な住民らが入院を迫られるより危惧すべき兆候が出ていると述べた。

同首相は18日、フランス国内では同日、3万5000人の新規感染者が判明したと発表。先週の数字と比べ、23.6%増だった。新規感染者のうち4分の3が英国で見つかった変異株が原因だったとも明かした。

新たな感染拡大を封じ込めるためパリ首都圏やニースを含む国内16地域で20日から新たな活動制限の措置を開始するとも発表。少なくとも4週間続けるともした。

ただ、昨年3月と11月に打ち出した措置より制限を緩和させるとし、在宅勤務を奨励し、散歩や運動のための外出は認めるが許可証が必要と指摘。行動範囲は自宅から10キロ内とし、正当な理由なく地域をまたいだ旅行は許されないとした。

午後6時から始まっている現行の夜間外出禁止は午後7時からにし、学校や大学は閉鎖しない。必要不可欠な店舗の営業は維持し、この対象に書店や楽器店も含めるとした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]